産後 バストアップ

MENU

産後胸はどうなる?おすすめのバストアップ方法3選

バストアップ

女性は妊娠すると乳腺が発達し、妊娠前と比べ物にならないほど大きくなります。
そして、授乳から卒乳までの間に少しずつ小さくなります。
産後1年ほどで妊娠前のサイズに落ち着いていきます。

 

産後のバストは妊娠前と比べて違いがみられることがあります。

 

☆産後胸はどうなる?

 

卒乳するとバストは以下のようになることがあります

 

  • ハリがない
  • 垂れる
  • 左右のサイズが違う
  • 乳首の色がKくなる

 

産後や卒乳後のバストの変化は個人差がとても大きいのですが、みなさん妊娠前とハリや形が違うと感じるようです。

 

【私の場合】
私の場合は妊娠前と比べると左右の大きさが大分変ってしまいました。
妊娠してからかなりバストが大きくなって、母乳の出が良かったこともあり、常にバストがパンパンに張っていたいと感じることもありました。

 

卒乳が近づくと、しぼんでいき、現在では左右の大きさが違うようになってきました。

 

授乳が終わったので当然といえばそうなのですが、無残な姿にしょんぼり…。
こうなってしまうと何もしないで妊娠前のバストにすることは無理だと思いました。

 

☆産後のバストアップ方法3選!

 

おすすめのバストアップ方法は

 

・適切なブラジャーをつける
・バストアップマッサージ
・バストに良い栄養素を摂る

 

・適切なブラジャーをつける

 

出産直後から断乳までは授乳用ブラジャーをつけましょう。
授乳中に普通のブラジャーをつけてしまうと、無理に締め付けてしまい、乳腺に悪影響となります。
授乳が終わった後は通常のものに戻しましょう。ただし、出産前とはサイズが変わっていることが多いので、必ず採寸して自分に合ったブラジャーをつけるようにしましょう。

 

・バストアップマッサージ

 

産後すぐは体を激しく動かしてはいけないため、乳腺に軽く刺激を与えるバストアップマッサージがおすすめです。
マッサージの前にリンパの流れを良くするために、鎖骨回りを小さな円を描くようになでると効果的です。

 

【バストアップマッサージ方法】
@左の胸の脇から中心見向かってバストを押します。背中に流れた脂肪も一緒に持っていくようにマッサージしましょう。これを両方のバストそれぞれ10回ずつ繰り返します。

 

Aバストの下側から鎖骨の真ん中に向かって@と同じようにマッサージします。両方の胸10回ずつ繰り返します。

 

B両手を使って、バストの表面を下から上に向かって撫でていきます。両方の胸10回ずつ繰り返します。

 

・バストに良い栄養素を摂る
バストアップマッサージやブラジャーなどの外からのアプローチだけでなく、バランスの良い食事で内側からアプローチすることも大事です。

 

バストに良い栄養素は
タンパク質
ビタミンA
ビタミンE
などです。

 

【タンパク質】
体をつくる素となる最も大切な栄養素です。

 

主に
豆腐 納豆 卵 鶏肉 乳製品 豚ひれ肉 牛ひれ肉
などに多く含まれています。

 

【ビタミンA】
タンパク質と結びつくことで、肌の粘膜が強くなります。バストにハリが与えられ、弾力のあるバストを手に入れることができます。

 

主に
ほうれん草 ニンジン レバー うなぎ いか 鮎
などに多く含まれます。

 

【ビタミンE】
抗酸化作用や血行促進効果があり、乳腺を活性化することができます。

 

主に
ヒマワリの種 落花生 米ぬか油 大豆油 いくら
などに多く含まれています。

 

これらの食材をうまく取り入れて、バランスよく食事をとりましょう。

 

 

☆まとめ
産前はきれいなバストだったのに、こんな無残な姿になって悲しい…。母親でもあるけど1人の女としてバストをどうにかしたいという方はまだあきらめるには早いです!
断乳後であればバストアップ方法として一番有名なバストアップサプリを使うことができますが、授乳中は使うことができません。
できるだけ産後のバストケアやバストアップは早いほうがいいので、授乳中であれば、バストアップサプリを使わない方法でケアしていきましょう。
ちなみに粉ミルクであればバストアップサプリを使うことができます。
ぜひ自分にあった方法でバストケアやバストアップをしてくださいね。